育児

2012年8月12日 (日)

こどもの世界~「パフォーマンスキッズ・トーキョー」客席より

まっきぃですpenguin

今年の夏、私は貴重な体験をしました。

私・・・・というより、主役は娘。

短期間で舞台を創る「パフォーマンスキッズ・トーキョー」に参加することができたのです。
娘が参加したのは、小学3~6年生20人と、ダンサー「山田うん」さん&カンパニーのダンサーが、9日間のワークショップで舞台を創るものでした。

初日は客席から稽古を見せていただきました。

楽しそう!happy02

私も入れて!happy02

私は仙台にいたとき、子供達と舞台を創り上げる企画に参加していたこともあり、うんさん達大人と、子供ダンサーズがどうやって創り上げていくのか、その過程がとても気になっていました。

しかし、娘から「ハハは稽古場に入らないで。本番の楽しみが無くなるでしょ」と。

これ、いつも私が娘に言ってた台詞 coldsweats02



そういうわけで、初日と本番以外は一切見ませんでした。



本番は、オープニングだけはきっちり振り付けが決まっていたようですが、それ以降は、子供達の即興でした。

即興といっても、きまりはあったようです。

たとえば、二人一組で、後ろの人は、前の人のまねをする・・・とか。

子供ダンサーズは、歳も経験もバラバラ。

でもその全てが「個性」として活きていたと思います。

ダンスを習っている子は、見せ方を知っていて、「私を見て!」という気持ちがあふれていました。

技術の無い子は、今、自分が心地のいい動きを見せてくれました。

客席にすごくアピールしてくる子。

自分の世界にどっぷり入り込んでいて、お客なんて目に入ってない子。

衣装で着たスカートが嬉しくて、くるくる回っていた子。

そして、最後の方で体力を使い果たし、完全に電池切れになった我が娘sweat01

幸い、カンパニーのダンサーが娘に絡んでくれて、なんとかフィナーレまでいきました。

舞台上の娘は、私の知らない娘でした。

私もよく家で踊っていますが、娘のダンスは、それとは違う動きでした。

終演後、うんさんが「日々、体のボキャブラリーが増えてましたよ」とお話ししてくれました。

「体のボキャブラリー」・・・素敵な言葉だなあと思いました confident

初日、稽古の輪に入れず、客席で泣いていた子も、本番では妖精のように軽やかに舞台を走り回っていました。

自由だなshine

子供にとって、ダンスは遊びの延長。

もう少し大きくなると、確かな技術の上に自由が成り立つとわかる日が来るでしょう。

でも、「ダンスって楽しい!」

「みんなで何かを創るのはおもしろい!」

この気持ちを子供の頃に経験するのは、とても重要だと思うのです。

そう言う意味で、私も娘も、良い経験をさせていただきました。


終演後、一緒に客席にいた息子に

「そう言えば、ハハ、この頃舞台に立ってないねぇ」と言われました。

次は私の番 scissors

・・・って、いつになることやら(苦笑)down









2012年2月 6日 (月)

託児あります!~『父と暮せば』

まっきぃですpenguin

私は2児の母で、二人とも小学生なのですが、子供が小さい頃、とにかく一人の時間が欲しかったことを覚えています。

それまでは、職場があり、稽古場があり、『私』でいられたのに、赤ちゃんが生まれた途端、24時間『母』!

『私』はどこにいっちゃったの~wobbly

育児ノイローゼは他人事ではない・・・と実感しました。

ママ友とも、そんな話をよくしてました。

そんな時、私の目に飛び込んできたのは『託児あり』ですfuji

講演会・生協の集まり・演劇・・・。

自分の興味関心は二の次で、『託児』にすがりました。

少しでもいい。『私』の時間が欲しい。

幸い、子供達は「託児大好き。ママ、バイバイ!」のタイプだったので、本当にイベントの託児にはお世話になりました。

今回、『父と暮せば』では、託児サービスを行います!

どうか、観劇をしている間だけでも、『母』から『私』に戻って下さいhappy01

ご主人といらっしゃったなら、『パパ・ママ』から、新婚時代に戻って下さいheart04

お友達といらっしゃったなら、『プチ女子会』をして下さいnote

託児は要予約です。

お早めにご予約下さい。

託児の後、子供を迎えに行ったら、いつもより我が子が愛おしくなりますよconfidentheart04

<子ども料金、保育、親子席について>
18歳以下のお子様が入場なさる場合のチケット代は1,500円です。

入場に年齢制限はありませんが、万一お子様が騒がしい場合には、すみやかに退場していただきます。

ロビーでの保育をご希望の場合は、事前(基本的に1ヶ月前まで)に下記「お問い合わせアドレス」までお申し込み下さい。

この場合、チケット代は不要ですが、保育のための費用としてお子様お一人につき100円申し受けます。

なお、希望人数によっては、保育を中止したり、あるいはお断りする場合もございますので、あらかじめご了承下さい。


親子席(ガラスで仕切られた個室)の使用については、保育希望の方に対し、ご連絡・ご相談の上、主催者側で割り振ります。ご了承下さい。

託児申し込み・お問い合せアドレス

info@m-g-un-limited.com