« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月26日 (水)

『継続は力なり』~どんぐり38周年コンサートを見てきました

まっきぃですpenguin

あんりみは20日の朝組・夜組をもちまして、今年の稽古を終えました。

夜組には、タケちゃんが初参加! happy01

私はお会いできませんでしたが、みっちゃんとインプロ(即興)をやったとか!

いいなぁ、インプロnote

話は変わりますが、23日に『墨田区保育園うたごえサークルどんぐり』の38周年コンサートに行ってきました。

今年も、あんりみメンバーのウメちゃん・マコちゃんが出演し、さらにウメちゃんは、振り付け師としても活躍していました!good

プログラムの中の創作音楽劇では、子供がたくさん出ているので、一緒に観に来た娘が、身を乗り出して見ていました。子供として共感出来るところがあったようで、「ハハは見ないで~」と熱心にアンケートを書いてました coldsweats01

どんぐりさんは、毎年毎年、欠かさずこの時期にコンサートを開く。

38年、組織を維持していく、前進していく。

すごいなあと思います。

『継続は力なり』ですね。

劇団の場合、創立10年目がピークと言われています。

それを超えると、組織が衰退したり、劇団が消滅したりすることが多いとか。

あんりみは『劇団』では無いので、それは心配してませんが、

どんぐりさんのように、

長~く、アグレッシブに活動し続けられたらと思いました confident

さて、あと6日寝るとお正月ですfuji

今年参加したみなさん、ありがとうございました。みなさんとの出会いはキラキラの宝物ですshine

今年は参加できなかったメンバー、来年は来てみて下さい!いつでも待ってますよheart

そして、スタッフの皆様、暖かく応援して下さるお客様・笹幡地域の皆様、大変お世話になりました。

来年は夏公演で、皆様にお目にかかります。

メンバー一同頑張りますので、来年もよろしくお願いしますsign01



2012年12月18日 (火)

2013年1月・オープンワークショップのお知らせ

12月の後半に入りました。これから、クリスマス、年末年始・・・と忙しくなりますね coldsweats01

あんりみは望年会を終え、あとは20日の稽古を残すだけになりました。

というわけ(?)で、1月のワークショップのお知らせです。

1月も全てオープンですので、ご都合の良いときに、ぜひご参加下さい。

なお、次回公演(8月末。詳しくはブログに載せてます)にエントリー予定の方、どうしようか悩んでいる方は、1月中にワークショップに参加していればエントリーが出来ますので、チャンスを逃さないで下さい!

ぜひぜひワークショップにいらして下さいね happy01

10日(木)9:3012:30 幡ヶ谷区民会館


10日(木)18:3021:00 笹塚区民会館



12日(土)18:3021:00 笹塚区民会館

 

17日(木)9:3012:30 笹塚区民会館

 

22日(火)9:3012:30 初台区民会館

 



24日(木)
18:3021:00 笹塚区民会館

 

27日(日)13:0017:00 初台区民会館




<参加費>

無料です!



<申し込み>

戯曲の準備などがありますので、出来る限り事前にご連絡下さい

(当日、「突然時間が空いた!」という飛び入り参加も大丈夫です)



<オープンワークショップって?>

あんりみのオープンワークショップは、誰でも参加できます。演劇未経験者でも大丈夫です。

「ワークショップって何?」とよくきかれるのですが、

「先生がいて何かを教える」のではなく、

「その場に集まったメンバーが自ら参加・体験し、相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイル」です。

あんりみの場合も、その時に集まったメンバー次第でやることが変わりますので、毎回テーマは特に掲げていません。

この頃は、

appleリラックスと発声

bananaインプロ(即興)

cherry戯曲を使ってワンシーンを演じる

ということをよくやってます。




<こういう人に特にお勧め!>

1)次回公演の出演希望者、検討中の人

2)平日の午前なら、自分の時間が持てる人

3)今、所属している団体とは違う視点で、稽古してみたい人

4)「自分の活動の場」以外で、創作活動をしてみたい人

5)このブログを読んで、「だから、ワークショップって何?!」と思った人


参加費無料ですので、気軽に来てみて下さい!




<お問い合わせ・お申し込み先>

あんりみ事務局

info@m-g-un-limited.com






2012年12月17日 (月)

6人!~オープンワークショップ

まっきぃですpenguin

15日、オープンワークショップを行いました。

初参加のアイさん、チャンプ、マァちゃんを含め、役者6人の参加 happy02

6人!!

ここしばらく、稽古場に5人以上いたことが無い気が・・・

なぜなら、『父と暮せば』は役者が二人、

その前の『ラブ&ピーチ』は役者が三人。

・・・と、少人数の舞台が続いていたからです。

リラクゼーションと発声を混ぜたようなエクササイズをしたあと、

『アンティゴネー』『太鼓叩いて笛吹いて』の戯曲の一部を使い、シーンをやりました。

『アンティゴネー』は姉と妹の二人のシーンなのに、最後にはインプロ(即興)で、

姉・姉の味方

妹・妹の味方

姉の婚約者

姉妹の幼なじみ

と、戯曲には無い役が4人出て、爆笑の結末になりました(ギリシャ悲劇なのにsmile

人数が集まると、それぞれの個性が際立ちますね。

顔・体つき・声・動き・生い立ち・経験・・・

全く違うんですもの、同じ人がいるわけ無い。

「私はフツーです」とは、言っちゃいけませんね(苦笑)

1回のワークショップで出来ることには、限りがあります。

自分の課題や良い点を指摘されても、それきりになってはもったいないと思います。

ぜひ、都合のいいときに、また稽古場に来て下さい。

あんりみは、本格的に公演の稽古に入る期間以外は、いつでもオープンにしていますgood

2012年12月 6日 (木)

ココロ、感じてますか?

まっきぃですpenguin

今日は稽古がお休みでした。

昼下がり、『星守る犬』を読みました(映画の原作ですdog。映画は見てないのですが)

家の中は私一人。

もう、声も涙も出して、思いっきり泣きました。

そして「泣けるって嬉しいなあ」と思いました confident



私がまだ学生だった頃、学業や劇団の事情などが重なり、芝居が出来なくなりました。

舞台に立てない日が来るなんて・・・。

その日以来、私は自分の感情を無くしました。

それは仕方なかったと思います。

どんなに辛くても学校には行かないと行けないし、実習病棟に行かなければ行けない。

白衣を着れば、笑顔が基本。

防衛反応だったのでしょう。

自分を感じないようにしないと、激しい感情に溺れてしまう。日常が壊れる。

しかし、看護というのは、『人』の心を感じる職業。

『人』というのは、意外に思われるかもしれませんが、自分も含まれるのです。

患者さんはどんな気持ちか。

それに向き合っている私はどんな気持ちか。

ちゃんと感じて、その上でコントロールしていく。

母校は『心』を重視する学校だったので、学生に対しても、先生方は敏感でした。

ある日、担当教員に呼び出されました。

「正木さん、あなた、妊婦さんの気持ちがわからないんでしょう。」

・・・!

その時、「私は先生に『役者失格』と言われた」・・・そう思ったのです。

人の気持ちがわからなければ、演じられない。

その時初めて、自分の心が変化しているのを感じました。

「私のココロ、死んでる・・・」

何も感じない。

悲しくない。嬉しくない。辛くない・・・

そんな中、舞台を観に行きました。

富良野塾、倉本聰作・演出『ニングル』

観ているうちに、静かに涙が出てきました。

止まらない涙。

嬉しかった。

ココロが生き返ったと感じた瞬間でした。

演劇は、人の心を動かす。凍り付いたココロを融かす confident



今は・・・

ココロの扉がパタンと閉じる音が聞こえるようになりました。

自覚できるんです、「あ、今、閉じたcoldsweats02

そして、閉じたココロは、自力でもかなりの確率で開けられるようになりました。

時々、どうしても自分では開けられなくて、苦しくて、稽古場で「助けて~」という時があるけれど。

でも、助けてと言えるようになったし、助けてと言える場がある。

幸せですheart04

あなたのココロ、ちゃんと感じてますか?

2012年12月 5日 (水)

【重要】稽古中止のお知らせ(12月6日)

あんりみからのお知らせです。

明日、6日の稽古は、諸事情により中止になります。

参加を検討していた方、ごめんなさい。

2012年12月 4日 (火)

歌う!PTA!~役者の日常

まっきぃですpenguin

冬ですね~

みなさん、風邪などひいていませんか?

私は・・・ひきました。本番前に! weep

本番??・・・と思われた方、いますよね。

あんりみの本番ではないですよ。



今年、5ステージも舞台に立ったのは、PTAのお仕事、『コーラス』でした。

転校早々この委員になったので、なんで歌うのがお仕事の委員会があるのかわかっていなかったのですが、地域の文化祭や、区の小学校PTA音楽祭に出演するための委員会なのです。



私、こう見えても、『自分』が人前に出るのは大の苦手なんです(キッパリ!)

そういうと、「冗談?いつも舞台に立ってるじゃない」と反論されるのですが、

芝居では、『自分』じゃないでしょ?『役』でしょ!そこなんですよ、問題はsweat01


だから、自分のまんまで出るコーラスは苦手でした。お客さん、丸見えだし coldsweats02

さらに、私、絶対フツーのママさんじゃない・・・と思いました。

歌に気持ちがのってくると、すごーく動きたくなる(笑)

視線をどうしたらいいかわからなくて、特定の見知らぬお客さんに直接歌いかける(お客さん、迷惑?)


でも、一年間かけて創り上げた2曲は、歌っていて楽しかったです。

ご一緒したPTAのみなさん、出待ちの時にくだらないことを言って、笑わせてごめんね~smile



来年は、夏です!

あんりみの舞台ですよ!happy01

充電満タンで、いい舞台を創りたい。

今からわくわくですsign03

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »