« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

「専念しなくちゃ」?!

まっきぃですpenguin

先日、看護学生時代の恩師にお会いすることができました。

手土産にと、『父と暮せば』の上演DVDをお渡ししたところ、

「あなた、この作品をやったのsign02」と大変喜ばれました。

先生は以前、テレビでこまつ座のを見て、『父と~』を好きになったそうです。

私は妹と二人で伺ったので、軽く近況報告をして、

「もうそろそろ、ナースに戻ろうかと思うんです」と話すと、

「ダメよ。女優に専念しなくちゃ。看護は私たち(と、妹を見ながら)にやれるけれど、舞台は、私たちには出来ないのだから」と。

先生、看護師を育てる立場でしょう?

国内で、ナースが不足してるんですよ?(苦笑)

先生なら「ナースに戻りなさい」とおっしゃると思っていたので、拍子抜けしてしまいましたcoldsweats01

そう言えば・・・

先生は、私が学生の時、劇団の舞台を観て下さり、開口一番

「あなた、道を間違えたわね」と言った方でしたsweat01

いやいや、もう、看護学生になっちゃったんだけど・・・と思いつつ、『天使の卵』の中の異色児を受け入れて下さる学校側の懐の深さを感じたのです。

まさに『みんな、ちがって、みんな、いい』の学風でしたから。

先生には、「ぜひ、大学祭に呼んで下さい」と売り込んできましたsmile

学生時代からずっと応援して下さるお客様の為にも、喜んで、楽しんで、舞台活動に専念したいと思います。

でも、ナースやるのも好きなんだけどなあcoldsweats01





2012年10月23日 (火)

自分で考える、考えさせる

まっきぃですpenguin



私は、人から細かく指図されるのが苦手です。

家族の中で、私はテレビゲームが一番下手なのですが、

やってると、見ている家族が

「そこ、右!」

「なんで?」

「とにかく、右!あ、このアイテム取って!」

「なんで?」

「いいから、取って~!!」

「うるさい!私の好きにさせて!!pout

と、喧嘩になります。故に、ゲームはほとんどやらないということに gawk

芝居もそうで、演出家が事細かく、振り付けのように指示を出してくると、ちょっと嫌になってしまいます。

役者に考えさせて!・・・と思ってしまいます。

幸い、あんりみの演出家は、特別なことが無い限り、振り付け演出はしません。

かなり自由にやらせてくれるし、稽古の初期では「お試し期間」と称して、いろんな演技を試してもいいという時期があります。

あーでもない、こーでもない、と、四六時中、役のことで頭がいっぱいになる時期は、大変だけれど大好きです happy01



そんなことを言えるようになったのは、社会人になり、東京に出てきてからでした。

それまでの私は、自分ではほとんど考えず、演出家の指示をひたすら待つ役者でした。

しかし、東京で最初に出会った演出家と信頼関係が築けず、

「演出家には頼れない。私が考えなくては」と、あっさり自立(?)したのでした。

なぜ、急にこんなことを書き出したかというと、家では「母」なのですが、「母」をやってると口うるさくなってしまうのです(そんな自分が嫌だ~sweat01

基本的に、子供達の自主性に任せたいのですが、宿題もやらずにテレビや本に夢中になっていると、わーわー言ってしまいます。

でも本当は、宿題なんかよりも、今見ているテレビに感銘を受け、将来、BIGになるかもしれない(笑)。

根本的に短気な私は、演技に行き詰まってる役者を気長に待ってくれる演出家はすごいなあと思うのです。







2012年10月22日 (月)

11月オープンワークショップのお知らせ

日に日に寒くなってきました。

風邪が流行っているようですが、みなさん、お元気でお過ごしでしょうか。



21日、『しぶや平和と健康まつり』のイベントに出演させていただきました。

屋外ステージだったので、天気が気になるところでしたが、晴天sun!お祭り日和でした happy01

ただ、あんりみの出演時間中はお日様がまぶしくて、きっと、しかめっ面してたと思いますsweat01

お祭り関係者の皆様、イベントスタッフの皆様、お暑い中、客席で観て下さったお客様、ありがとうございました。



さて!

11月の稽古日程です。

11月は全てオープンですので、ご都合の良いときに、ぜひご参加下さい。


1日(木)9:30~12:30 幡ヶ谷区民会館

4日(日)13:00~17:00 上原区民会館

8日(木)9:30~12:30 幡ヶ谷区民会館

8日(木)18:30~21:00 笹塚区民会館

10日(土)18:30~21:00 笹塚区民会館

15日(木)9:30~12:30 幡ヶ谷区民会館

22日(木)9:30~12:30 幡ヶ谷区民会館

22日(木)18:30~21:00 上原区民会館

29日(木)9:30~12:30 幡ヶ谷区民会館




10日(土)は特に「みんなでワークショップの日」にしますsign03

初めての方の他、久しぶりに行こうかな、と思うけど、いつにしようか、と迷っている方などは、ぜひ10日においでください happy01



<参加費>

無料です!



<申し込み>

日時の変更がある場合もありますので、初めての方は、事前にお申し込み下さい。

登録メンバーも、久しぶりにいらっしゃるときは、ご一報下さい。




<オープンワークショップって?>

あんりみのオープンワークショップは、誰でも参加できます。演劇未経験者でも大丈夫です。

「ワークショップって何?」とよくきかれるのですが、

「先生がいて何かを教える」のではなく、

「その場に集まったメンバーが自ら参加・体験し、相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイル」です。

あんりみの場合も、その時に集まったメンバー次第でやることが変わりますので、毎回テーマは特に掲げていません。あんりみでは、即興芝居・歌・ダンス・身体表現・・・なんでも有りです(笑)



<こういう人に特にお勧め!>

1)平日の午前なら、自分の時間が持てる人

2)芸術の秋、新しい自分を発見してみたい人

3)日常で、ちょっとストレスを感じている人

4)「自分の活動の場」以外で、創作活動をしてみたい人

5)このブログを読んで、「だから、ワークショップって何?!」と思った人


参加費無料ですので、気軽に来てみて下さい!



<お問い合わせ・お申し込み先>

あんりみ事務局

info@m-g-un-limited.com




2012年10月15日 (月)

感謝!

まっきぃですpenguin

(・・・といつも名乗っているのは、ブログを書ける人が、あんりみ内に複数いるからなんですよ)

「今度こそ、長期休暇を取ってやる! angry 」と思ってました。

長期休暇とは、仕事ではなく、舞台。

あんりみに入ってから、細々とではありますが、休みなく役者をやってきたわけで。

なので、時々「しばらく休んでやる!」と思うことがあるのです。

けっして「舞台を辞めてやる」ではないところが、私らしいと思いますが coldsweats01

で、最近まで「休みたい」病だったのです。

原因は稽古がうまくいかないこと。

もう、どんなに努力しても報われず、「やればできる」という言葉は自分には当てはまらないと思う日々。

「どうしたらいいんだ~」と叫びながら、心の片隅で、演出家を恨むのでした(逆恨み、ごめんなさいsweat01

そんな私の「休みたい」病を、ひょいと治してくれる出来事がshine

13日のワークショップで、新しい出会いがありました。

なっちゃん・リョウスケさん、お二人とも素敵な俳優さんで、テキストをやっていて楽しい!note

もっともっと稽古したいと思わせてくれました。

(久しぶりに来てくれたウメちゃんも、ありがとうね。嬉しかったです)

稽古の後、懇親会がありました。

あんりみ応援団長のイシガキさんもかけつけて下さり、「次の公演、楽しみにしてるよ」と声をかけて下さいました。

お客様が待っていてくださる。

役者として、演劇集団として、こんなに幸せなことはありません confident

「お客様は神様です」

ホントにそうだなあと思いました。

新しい出会いと、支えて下さるお客様に感謝!

もう少し、頑張れそうです。




2012年10月10日 (水)

おじいさんのリアリティ

まっきぃですpenguin

先日、ラーメン屋の改装記念で、1杯100円で黒胡麻担々麺が食べられるとのことで、はりきって出かけました。

着いてみると、開店前なのに長蛇の列。仕方なく並ぶことに coldsweats01

私の前には、今時珍しく三揃えを着、でも頭にはキャップを被ったおじいさんが並んでいました。そして、「ここの担々麺は辛いよ~」と気さくに話しかけてきました。

まあ、そのくらいは、私の住む下町では当然のこと。

でも、おじいさんの弾丸トークは凄かった。

oneこれは本当のことだろう。

twoこれは、真偽がわからない。

threeこれは明らかに違うだろうsign03

という話を延々とするのである。

特に、threeに関しては、「マッカーサと明治天皇と火星人」が出てきたので、明らかに事実ではない。

普通なら、ちょっと避けたい相手である。

しかし、行列に並んでいる以上、100円で担々麺を食べたい以上、おじいさんの相手をするしかない!

「無視したら?」と思う方もいるでしょう。

正直、無視したかった。

でも、そうさせない勢いが、おじいさんにはあった。

結局、私はおじいさんの世界に入ってみようと決心した。

すると、おじいさんの話は凄かった。

全てにおいて、リアリティがあるのだ。

火星人が日本を救う話だって、おじいさん自身は信じ切っている。

だから、ありえないとわかっていても、お客(私)を、圧倒的なリアリティで押し切ってしまう。

店内でもおじいさんと同じテーブルで、私は延々話かけられていた。

「北海道出身だ」と話したら、「北方領土は、きっと返してもらうからね」と言ってくれた。

おじいさんが何者か、私にはわからない。でも、リアリティについてすごく勉強になったことだけは確かだ。

そして、北方領土返還がもし実現したら、おじいさんを思い出すだろう。

あ、黒胡麻担々麺は、すごく美味しかったです lovely

2012年10月 6日 (土)

コント?!

まっきぃですpenguin

私は、『お笑い』を見るのが大好きです。

でも、やるのは・・・苦手 crying

台本通りにやらないと笑ってもらえないほどの緻密な台本を渡されると、プレッシャーが・・・bearing

さらに「ここはきっと笑いを取りたいんだろうなあ」と作家さんの気持ちを感じると、自意識がぐーと首をもたげ、肩に力が入っちゃう。

今度、10月21日に出演させていただく『平和と健康まつり』でやるのがコントなんです。

コント・・・聞いただけでビビッてる私・・・ムリだ・・・ムリだ・・・typhoon


しかし、20分もあるそれは、コントというより『風刺劇』

そうだ。笑わせようなんて考えないで、ただやればいいじゃんup

そう思いながら、頑張って稽古に励んでいます。

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »