« 業火の向こう側~『父と暮せば』を終えて | トップページ | 観ました!~『父と暮せば』その後 »

2012年3月29日 (木)

呼び方~『父と暮せば』

まっきぃですpenguin

人の名前を間違える。時々あることです。


one我がおとったんは、本番間近の稽古中、「美津江」を「昭子」と呼び間違えました coldsweats02

テレビとかなら、すぐにNGになるのでしょうが、本人は全く気づいてないし、私も内心「あー、それは親友の名前だよ~」と思っただけなので、結局最後まで稽古をしました scissors

おとったん(小高三良さん)の名誉の為にも申し上げますが、娘の名前を間違えたのは、この一度きりです。

two小屋(劇場)入りして、場当たりをしていたときのこと。

舞台監督(土居三郎さん)がスタッフに「おとっつぁんがここで出ますから・・・」など指示を出してました。「おとっつぁん」と「おとったん」、別人のようで、袖でにやにやしていた私です catface

three呼び方と言えば、舞台監督を略して「無監(ぶかん)」と呼ぶことが多いです。しかし、以前仙台で「ぶたかんとは呼ばないで下さい」と言っていた舞台監督がいました。

「ぶたかん」?!

初めて聞いたけれど、あー、そういう風に呼ぶ人もいるんだなあ、豚缶みたいだなあと思ってました。地域性があるのかしら?


four私はみんなから「まっきぃ」と呼ばれます。

この頃は後輩が「まっきぃさん」と呼びます coldsweats01

でも、仙台の六面座・コンノさんだけは「まっきぃちゃん」と呼びます。

ちょっと、くすぐったいです smile












« 業火の向こう側~『父と暮せば』を終えて | トップページ | 観ました!~『父と暮せば』その後 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 業火の向こう側~『父と暮せば』を終えて | トップページ | 観ました!~『父と暮せば』その後 »