« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月 5日 (木)

おとったんの味

まっきぃですpenguin

あけましておめでとうございますfuji

今年もあんりみをよろしくお願いします。

年末年始、実家に帰省した方、家族・親戚と過ごした方も多いと思います。

お正月の定番と言えばおせちやお雑煮ですが、久々に『おふくろの味』を堪能された人もいるのではないでしょうか?



ところで、みなさんには「親父の味」はありますか?



『父と暮せば』では、おとったんが、じゃこ味噌を作るシーンがあります。

それを横で見、できあがったらぺろっと味見をする美津江。

何度演じても、このシーンは幸せな気持ちになりますconfident

美津江にとって、このじゃこ味噌が「おやじの味」なんじゃないかなあ。



そのじゃこ味噌、レシピは台詞に書いてあるのですが、どんな味なのか、北海道出身の私にはピンとこないのです。

初演の時、広島県アンテナショップに行き、じゃこ味噌をいくつか見ましたが、使われている材料を見ても、どうも「おとったん」のじゃこ味噌とは違う。

試しに一つ買ってみました。それはそれで美味しいのですが、やっぱり「おとったん」の味とは違う気が・・・。

なので、想像力を駆使して、おとったんの作るじゃこ味噌を味見しているのです(笑)

どなたか、広島のじゃこ味噌をご存じの方、コメント下さい!loveletter



ちなみに、私にとっての「親父の味」は大学芋です。

これが、市販品とは全く違う。

中華ポテトと大学芋の中間のような、不思議な食感です。

私が小さいときから、大学芋は父が作ってくれていました。

なので、私が帰省すると必ず作ってくれますが、大皿にてんこ盛り!

出産で里帰りしたときも、大学芋がてんこ盛り!coldsweats01

体重が増えちゃう~と言いながら、食べました(笑)



料理は思い出と深く結びつくものです。

あなたの「親父の味」は、なんですか?

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »