« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

2012年 1月オープンワークショップのお知らせ

まっきぃですpenguin

2011年も残りわずかとなりました。

公演・公開ワークショップを観に来て下さったお客様、ありがとうございましたhappy01

オープンワークショップに参加した皆さん、新たな出会い・新たな発見に感謝しますheart04

来年もよろしくお願いします。


・・・ということで、

2012年1月のワークショップのお知らせです


1月12日(木)pm6:30~9時 上原区民会館

1月14日(土)pm6:30~9時 笹塚区民会館

1月19日(木)pm6:30~9時 上原区民会館

1月20日(金)am9:30~12:30 幡ヶ谷区民会館

1月22日(日)am9:30~pm4時 初台区民会館

(いずれも渋谷区です)


<参加費>

無料です!


<申し込み>
事前の申し込みは不要ですが、日時の変更がある場合もありますので、初めての方は、事前に確認をしていただいた方が確実です!



<オープンワークショップって?>

あんりみのオープンワークショップは、誰でも参加できます。演劇未経験者でも大丈夫です。

「ワークショップって何?」とよくきかれるのですが、

「先生がいて何かを教える」のではなく、

「その場に集まったメンバーが自ら参加・体験し、相互作用の中で何かを学びあったり創り出したりする、双方向的な学びと創造のスタイル」です。

あんりみの場合も、その時に集まったメンバー次第でやることが変わりますので、毎回テーマは特に掲げていません。あんりみでは、即興芝居・歌・ダンス・身体表現・・・なんでも有りです(笑)


<こういう人に特にお勧め!>

1)2012年、新しいことを始めてみたい人

2)平日の午前なら、自分の時間がもてる人。

3)日常で、ちょっとストレスを感じている人。

4)「自分の活動の場」以外で、創作活動をしてみたい人。

5)このブログを読んで、「だから、ワークショップって何?!」と思った人。

参加費無料ですので、気軽に来てみて下さい!

<問い合わせ先>

あんりみ事務局

info@m-g-un-limited.com

2011年12月23日 (金)

小高さん、出演情報!

来年3月20日、あんりみ「父と暮せば」に出演します小高三良さんの舞台をご紹介しますhappy01


朗読と語りの会「楽」主宰

第4回 大人も聞きたい・読み聞かせたい 物語


<日時>

1月6日(金)午後7時

7日(土)午後2時と午後5時

8日(日)午後2時


<会場>

銀座みゆき館劇場

(中央区銀座6-5-17銀座みゆき館ビルB1)


<入場料>

大人2,500円・子供(18歳以下)1,000円


さねとうあきら著

語りの本 民話篇より

「おにひめさま」

「かっぱのめだま」

「おこんじょうるり」


<出演>

関 優子

小高 三良 他


<お問い合わせ>

090-6477-6186

「楽」事務局・関まで

2011年12月15日 (木)

とっさの一言~『父と暮せば』稽古場より

まっきぃですpenguin

先日、『働く女子に聞く“しゃべってみたい方言”ランキング』というコラムを目にしました。

第一位:京都弁

第二位:博多弁

第三位:大阪弁


そして、広島弁が第五位に入ってました!


今回、台詞はヒロシマ言葉で、今の広島弁とは少し違うそうです。

方言・・・標準語と北海道弁しか喋れない私にとって、西日本の方言は難しい。

そして、もちろん台詞は台本通りに覚えるわけですが(ただ今奮闘中!)

舞台上で、どんなアクシデントがおこるかわからない。

その時、とっさにヒロシマ言葉が出てこないと困る。

もし、とっさに標準語で喋っちゃったら・・・

もし、どう喋っていいか戸惑い、沈黙してしまったら・・・。


今まで、数々のアクシデントを経験している私にとって、とっさに、台詞以外の事を、その役で喋れないというのは、まずいと思うのです。


で、今、私の頭の中では、標準語をヒロシマ言葉に変換するという作業を繰り返してます。

それにしても・・・ボキャブラリーが少ない・・・despair

先日、頭の中がヒロシマ言葉モードの時に、我が子の態度にカチンと来て、思わず、

「うちゃー、もう、知らんけんのぉ!」angry

息子が「それ、何語?!」gawk

思わず赤面してしまいました。

そんな感じで、ただ今、語学勉強中ですgood

2011年12月12日 (月)

『父と暮せば』最新情報!

まっきぃですpenguin

先日の稽古で、制作部からチラシをもらいましたhappy01

最新情報をお知らせします。

みなさん、ぜひ、来年3月20日のスケジュールは空けておいて下さいshine


「核・原発を考える連続イベント」放射能を考える会@ささはた

あんりみ・ストレートプレイ
『父と暮せば』作:井上ひさし

<日時>2012年3月20日(火・祭)
①午後2時から
②午後6時から
(開場はいずれも開演30分前です)

<会場>渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール

<前売り>3,000円(会員割引あり)

演出:竹中達二

出演:小高三良(劇団東演)・正木ゆか(Un-Limited)

音響:須藤浩(サウンド・オフィス)

照明:三谷洋平

大道具:石村淳二

舞台監督:土居三郎

制作:Un-Limited

お問い合わせ先:info@m-g-un-limited.com

2011年12月 5日 (月)

あんりみ『タップ部』?

まっきぃですpenguin

主宰のタケと、メンバーのウメが、タップダンスで外部出演することになりました。

あんりみは、芝居だけじゃないんですよ~up

チーム『竹・梅』と、ややめでたい名前を、勝手につけましたhappy02(松さん、大募集!)

3日、『竹・梅』の初練習でした。

私は見られなかったのですが、新曲とのことです。

男性二人のタップダンス。きっと力強くて格好いいんだろうなあ。

私もタップシューズは持ってるのですが、以前上演した『パフォーマンスライヴ』以来、履いていません。

タップは「打楽器を履く」感じが楽しいですnote

でも難しい。

私はダンスはジャズダンスから始めたので、足首に力が入ってしまう・・・coldsweats01

と言うわけで、今、あんりみは、通常のワークショップ以外に、

one父と暮せば

twoタップ部(チーム『竹・梅』)

three地域イベント出演(タケ・ミチコ)

と多種多様のパフォーマンスにチャレンジ中です。

2011年12月 1日 (木)

役者と『髪』

まっきぃですpenguin

今日、本当は『父と暮せば』の稽古日だったのですが、小高さんがお仕事になってしまったため、急遽、朝組(平日午前のワークショップ)になりました。

なので今日は、役者のつぶやきをpencil

私は今、髪を伸ばしています。

役者でなくても、女性が変身するには、髪型を変えるのがいちばん手軽。

たとえば、快活なイメージでいきたいときはポニーテール・・・とかhappy01



私の場合、役で髪型を変えるので、美容室に行くとまず、

「○ヶ月後に、こういう役をやるので、こんな感じに・・・」と担当美容師さんに伝えます。

それから、カラーリングやカットやパーマを選ぶのです。


スタイルを変えるなら美容師さんも腕の見せ所なのですが、今年3月に上演するはずだった役が『髪を後ろで三つ編みにする』という設定だったので、それ以来カットしていないのです(前髪だけなら、自分でカットしちゃいますから)。

だから美容室に行っても、「後ろはできるだけ切らないで~sweat01

美容師泣かせのオーダーです。


今回の舞台は昭和23年。

映像資料などを見ていると、前髪を下ろしているのは子供だけで、女学生あたりからは、額をだしているんです。大人の女性はさらに髪を結い上げている。

美津江、23歳・・・。

やはり、額を出すべきか?!

でも、額を出した自分の顔、嫌いなんだよな・・・bearing

切るのは一瞬だけど、伸ばすのには時間がかかるから・・・という理由で、頑張って前髪も伸ばし中なんです。

でも、邪魔!

家にいるときは、髪を二つに結び、前髪をピンで留めて。

ん?ごくせんのヤンクミみたいだ!

いやいや、それじゃあ仲間由紀恵さんに失礼だわ。

ん?アニメ『うさぎドロップ』のりんちゃんの実母に似ているわ!catface

そんな感じで、今、ビミョーな感じの髪型になってます。

担当美容師のSさん。今度美容室に行くのは、3月の公演が終わってからです。

ごめんなさいdespair

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »