« Un-Limited 実験ライブⅢ(小演劇の試み) 『ラブ&ピーチ』 | トップページ | 当日券、あります »

2011年2月24日 (木)

デュオステージ BBs

まっきぃですpenguin

本番まであと一週間となりました。

来週の土曜日には幕開けbell皆様に楽しいひとときを過ごしていただけるよう、役者一同、頑張っております。

今日は、今回の劇場、『デュオステージ BBs』(以下、BBs)をご紹介します。

BBsは、笹塚駅から徒歩5分、近くにはスーパー・100円ショップ・お弁当屋があるという、使う者にとっても、お客様にとっても便利な場所にあります。

この劇場はマンションの地下にあります。

外からの階段を下りると、ドアがあり、そこからが劇場です。

ここの特徴の一つは、『土足禁止』です。

お客様には、靴を脱いでから、客席に入っていただきます。

靴を脱ぐとリラックスする。ほっとする。まさに日本人のための劇場ですsign03

客席は、ベンチ席やいす席をご用意します。日本人好みに、座布団付きですsign03

さらに、劇場自体、とても狭いです。

今回は、演技エリアと客席の間には段差はつけていませんので、一番前に座ると、役者が目の前に飛び出す。まさに今流行の3Dですsmile

いちばん後ろのお客様でも、充分すぎるほどの臨場感です。

楽屋は、客席と壁一枚隔てた所にあります。なので、開場してお客様が入ってくると、声がしっかり聞こえます。開演前に、お客様同士で『プチ同窓会』状態になっているときは、「私も入れて~」と思いながら、楽屋で待機していますheart02

中~大規模の劇場だと、ロビーがありますが、BBsはアットホームな小空間なので、ロビーはありません。

なので、終演後は、役者が客席に出向き、お客様にご挨拶いたします。そのときの雰囲気は、立食パーティのように賑やかで、私たち役者にとっても、面識のないお客様から気軽に声をかけていただけるので、嬉しいひとときです。

あんりみは第1回公演からBBsを使っています。演目が変われば、劇場の使い方も変わる。すると、同じBBsなのに、違う雰囲気の空間になる。

小劇場は初めてというお客様にも、くつろいで、密室エンターテイメントを楽しんでいただけたら嬉しいなあと思います。

« Un-Limited 実験ライブⅢ(小演劇の試み) 『ラブ&ピーチ』 | トップページ | 当日券、あります »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Un-Limited 実験ライブⅢ(小演劇の試み) 『ラブ&ピーチ』 | トップページ | 当日券、あります »